プロフィール -第11回定期演奏会-

 
◆渡辺 祐介(わたなべ ゆうすけ)<指揮> 音楽監督
 

渡辺祐介東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院修了。多田羅迪夫氏に師事。オランダのデン・ハーグ王立音楽院にて、ペーター・コーイ、マイケル・チャンス、ジル・フェルドマン、リタ・ダムスの諸氏のもとで研鑽を積む。 2002年よりバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとなり、多数の演奏会、録音、海外公演等に参加。 また若い世代のピリオド楽器のスペシャリストが結集したオーケストラ「オルケストル・アヴァン=ギャルド」では2019年のオーケストラ創設以来音楽監督を務め、同オケを率いて2020年11月に横浜みなとみらいホール主催による、ベートーヴェン《交響曲第9番》 (令和2年度文化庁芸術祭参加) 、2021年8月に東京藝術大学主催による、ベートーヴェンの劇付随音楽《エグモント》全曲、2022年に再び東京藝大より要請されベートーヴェン《ミサ・ソレムニス》を宝生流能楽と共に演奏するなど、意欲的な活動が高く評価されている。 現在マヨラ・カナームス東京音楽監督、東京ムジーククライス常任指揮者、麻布OB+合唱団及び東京クローバークラブ指揮者、オルケストル・アヴァン=ギャルド音楽監督。2024年4月より、中央大学文学部兼任講師。

 

◆中江 早希(なかえ さき)<ソプラノ>
 

中江早希

北海道出身。北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース声楽専攻卒業。東京藝術大学大学院修士課程音楽研究科声楽専攻独唱科、同大学院博士後期課程を修了。在学時ハンス・アイスラーの歌曲を研究し大学院アカンサス賞、三菱地所賞受賞。第 14 回日本モーツァルト音楽コンクール声楽部門第2位。第 78 回日本音楽コンクールオペラ部門にて入選。第 12 回 中田喜直記念コンクールにて大賞を受賞。第25回ハイメス音楽コンクールにて声楽部門第1位。第3回ジュリアード音楽院コンクール第 1 位。旭川市新人音楽賞、第27回 道銀芸術文化奨励賞受賞。 国内外数々のオーケストラや指揮者と共演。レパートリーは宗教音楽からオペラ、現代音楽などのソリストを務めるだけではなく、ドラマやゲーム音楽など多くの作品にヴォーカルとして携わる。モーツァルトのコンサートアリアを歌った鈴木 秀美指揮オーケストラリベラ・クラシカの自身初のライブ録音のCDが特選盤に選出されている。バッハ・コレギウム・ジャパン声楽メンバー。また、北海道上川郡鷹栖町ふるさと応援大使としても活動をしていて、音楽を通じて音楽や地元である鷹栖町の魅力を発信し続けている。洗足学園音楽大学非常勤講師。

 

◆湯川 亜也子(ゆかわ あやこ)<メゾ・ソプラノ>
 

湯川亜也子

国立音楽大学大学院博士後期課程修了。フォーレ晩年の歌曲集『エヴァの歌』に関する演奏と論文で博士号(音楽)取得。2015年より渡仏。パリ地方音楽院声楽科およびバロックオペラ科修了。令和2年度文化庁新進芸術家海外研修員。日仏声楽コンクール、日本音楽コンクール、トゥールーズ国際フランス歌曲コンクール、マコン国際声楽コンクール等、国内外の声楽コンクールにて入選、上位入賞。レパートリーは古楽から現代音楽まで多岐に亘る。フランスではレ・ゼポぺ、ル・コンセール・スピリチュエル、ル・バルコン等のアンサンブル団体でソリスト及び声楽メンバーとして演奏会、録音に多数携わる他、仏国営ラジオ放送、フランス国内外の主要音楽祭等でソリストを務める。日本ではバッハ・コレギウム・ジャパン、読売交響楽団と共演。またリサイタルを東京(公益社団法人日本演奏連盟主催/2014、公益財団法人日本製鉄文化財団主催 紀尾井「明日への扉」シリーズ/2022)、ミンスク(2017)、パリ(2018)の各地で開催。これまでに声楽を秋山理恵、近藤冨佐子、D.ランプレヒト、V.ギヨリ、I.プルナール、古楽コレペティートルをS.フュジェ、音楽学を藤本一子、礒山雅の各氏に師事。

 

◆中嶋 克彦(なかしま かつひこ)<テノール>
 

中嶋克彦

長崎県大村市出身。福岡教育大学音楽科卒業。東京藝術大学大学院修士課程オペラ科修了。同大学院博士課程オペラ科修了、博士号取得。2012年より文化庁在外派遣研修員としてドイツに留学、マインツ音楽大学のバロック声楽コースにて研鑽を積んだ。ルネッサンスから現代まで幅広いレパートリーで、なかでもJ・S・バッハやヘンデルなど、バロックの作品において多く活躍している。アントネッロ、バッハ・コレギウム・ジャパン、ラ・フォンテヴェルデ、コレギウム・ムジカーレ、パーセル・プロジェクト等のメンバーとして国内外におけるコンサートや録音に多数出演する。オラトリオのソリストとしても定評があり、ヘンデル「メサイア」やモーツァルト「レクイエム」、ベートーヴェン「交響曲第9番」、ハイドン「天地創造」、メンデルスゾーン「エリヤ」「パウロ」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」等、国内の主要オーケストラとの共演も多い。オペラでは第50回藝大オペラ定期公演モーツァルト『コシ・ファン・トゥッテ』のフェルランド役でデビュー。以降、新国立劇場や東京室内歌劇場、サントリホール・オペラアカデミー公演など、様々な舞台で活躍している。国立音楽大学非常勤講師。

 

黒田 祐貴(くろだ ゆうき)<バス>
 

黒田祐貴 東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。Chigiana 音楽院でディプロマ取得。第87回日本音楽コンクール声楽部門第2位、岩谷賞(聴衆賞)受賞。第20回東京音楽コンクール声楽部門第3位。兵庫県立芸術文化センターのオペレッタ《メリー・ウィドウ》ダニロ役でオペラ・オペレッタデビュー後、アントネッロ主催《ジュリオ・チェーザレ》アキッラ、NISSAY OPERA2022《セビリアの理髪師》フィガロ等に出演。『第九』や宗教曲のソリストとして、藝大フィルハーモニア管弦楽団、オルケストル・アヴァン=ギャルド、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等との共演、「クラシック・キャラバン2022」、NHK-FM「リサイタル・パッシオ」、「びわ湖の春 音楽祭2024」への出演など、多方面で活躍している。ドイツリートの研究にも積極的に取り組んでおり、2023年からカールスルーエにて白井光子、Hartmut Höll両氏の元で研鑽を積む。2021年、日本コロムビア『Opus One』レーベルより”Meine Lieder”リリース。二期会会員。

 

 

小倉 貴久子(おぐら きくこ)<フォルテピアノ>
 

小倉喜久子

東京藝術大学を経て同大学大学院ピアノ科修了。アムステルダム音楽院を特別栄誉賞付き首席卒業。第3回日本モーツァルト音楽コンクールピアノ部門第1 位。1993 年ブルージュ国際古楽コンクールアンサンブル部門第1 位。95 年同コンクールフォルテピアノ部門で第1 位と聴衆賞受賞。浜松市楽器博物館コレクションシリーズの録音やコンサートでの演奏も高い評価を得ている。これまでにCD を50 点以上リリース。それらの多くが朝日新聞、読売新聞、毎日新聞や「レコード芸術」誌等で推薦盤や特選盤に選ばれている。著書に『ピアノの歴史』(河出書房新社)。校訂楽譜『ソナチネ音楽帳』(音楽之友社)『ジュスティーニ:12のソナタ集』『バロック名曲集』(カワイ出版)。シリーズコンサート「小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》」全40回完結。平成24 年度文化庁芸術祭レコード部門〈大賞〉、第30回ミュージック・ペンクラブ音楽賞 クラシック部門【独奏・独唱部門賞】、第48回ENEOS音楽賞 洋楽部門奨励賞、令和3年度下總皖一音楽賞受賞。自主企画シリーズ「小倉貴久子《フォルテピアノの世界》」を好評開催中。東京藝術大学で19年間フォルテピアノ講師を務める。東京音楽大学講師。https://www.mdf-ks.com

 

加藤 美季(かとう みき)<フォルテピアノ>
 

加藤美季

東京藝術大学音楽学部楽理科を経て、同大学院古楽科フォルテピアノ専攻を修了。修了時に首席にあたる大学院アカンサス賞を受賞。また、同大学別科チェンバロ専攻修了。第33回国際古楽コンクール〈山梨〉鍵盤楽器部門 第1位。第1回K MLCB MOZART PRIZE ピアノコンクール 第2位。第1回Kグランプリコンクール優秀賞。野平一郎氏による「ピアニストのためのアンサンブル講座」第9期受講生。2024年、NHK-FM『リサイタル・パッシオ』出演。これまでにフォルテピアノを小倉貴久子、ピアノを高野耀子、チェンバロを大塚直哉、廣澤麻美の各氏に師事。現代のピアノ、フォルテピアノ、チェンバロ、アンサンブルや声楽の伴奏まで幅広く演奏活動を行っている。現在、洗足学園音楽大学にてピアノ伴奏助手、また私立中高にて音楽科講師等、後進の指導にも当たる他、一般企業等を対象とした音楽セミナー講師としても活動。

 

 

高橋 博子(たかはし ひろこ)<ハルモニウム>
 

高橋博子

東京藝術大学音楽学部オルガン科卒業、同大学院修了。安宅賞受賞。明治安田生命クオリティ・オブ・ライフ文化財団の奨学金を得てドイツ国立ハンブルク音楽演劇大学を卒業し、更に平和中島財団奨学生として同大学の国家演奏家試験を最優秀で合格。オルガンを今井奈緒子、W.ツェラーの両氏、ハルモニウムを伊藤園子氏に師事。1999年ツェレ・ニーダーザクセン国際オルガニスト・コンクール、2000年北ドイツ放送局(NDR)音楽賞国際コンクール共に優勝。審査員長であったG.レオンハルト氏から絶賛される。中国広州市星海音楽庁でレクチャーコンサートなどを企画。設置されたまま長らく放置されていた4段鍵盤のオルガンを市民に啓蒙した。劇場版「名探偵コナン~戦慄の楽譜(フルスコア)~」では、物語のキーとなるオルガニストの堂本一輝役の演奏を担当した他、台本の校閲にも関わった。2020年に新宿文化センターで収録したCD『シャルル・トゥルヌミール』(ALCD-9217)は『レコード芸術』で特選盤、朝日新聞、読売新聞、『音楽現代』で推薦盤に選ばれた。現在、学校法人聖路加国際大学オルガニスト、明治学院白金主任オルガニスト、新宿文化センター専属オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

 

 

◆マヨラ・カナームス東京 <合唱>
 majora canamus tokyo
 

ラテン語「majora canamus = 大いなる調べを歌おう」の名を冠し、2012年9月、東京を本拠地に設立された合唱団および音楽団体。音楽監督には、ひたむきな楽曲研究に裏打ちされた豊潤な表現力と、熱情ほとばしる先導力を併せ持ち、声楽家としてまた指揮者として幅広い支持を集める渡辺祐介氏を招聘。国内外からトッププレイヤーが集結したオリジナル楽器使用のプロオーケストラ、L’orchestre d’avant-garde(オルケストル・アヴァン=ギャルド)と共に演奏活動を行う。

2014年1月東京・渋谷にて結成記念演奏会と題し、G.F.ヘンデル≪メサイア≫(ダブリン初演版)を披露。会場を埋め尽くす満員の聴衆にも恵まれ、鮮烈なデビューを飾った。以後、A.ヴィヴァルディ≪グローリア≫、A.カルダーラ≪悲しみのミサ曲≫、W.A.モーツァルト≪パストラル・ミサ≫、J.ハイドン≪スターバト・マーテル≫、≪戦時のミサ≫、L.v.ベートーヴェン≪ミサ曲ハ長調≫など、バロック・古典派の珠玉の宗教曲を次々と演奏。

2018年2月には、室内楽の殿堂・紀尾井ホールに於いて、モーツァルト未完の遺作≪レクイエム≫を初めて取り上げた。また2021年10月の≪メサイア≫公演は、文化庁/ARTS for the future!対象事業に採用され、コロナ禍を乗り越え久々に生の音楽、合唱に触れた多くの音楽ファンから喝采を浴びた。

団体名の由来ともなるヘンデル≪メサイア≫は、様々なヴァージョンで定期的に演奏し、世界中で脈々と歌い繋がれる”大いなる作品”のその神髄に迫る事を最大の目標に活動する。

 

categories

archives

recent posts