東京ムジーククライス

東京ムジーククライス(合唱団)

東京を本拠地に、バロックや古典・ロマン派の合唱付き宗教曲、とりわけJ.S.バッハの作品の研究、及びその演奏活動を目的に設立された合唱団。バッハ・コレギウム・ジャパンで活躍する渡辺祐介氏を常任指揮者に迎え演奏活動を行っている。20代・30代の若手社会人や学生などが集った濁りなく機動性溢れる合唱アンサンブルは、楽器としての“声”の迫力、美しさや豊潤さを新たに感じさせるものとして評価を得ており、その活動スタイル、また意欲的なプログラミングとも相俟って各方面から注目を集めている。

■東京ムジーククライス:過去演奏曲/ J.S.バッハ≪マニフィカト≫、≪ヨハネ受難曲≫、≪カンタータ147番≫、モーツァルト≪レクイエム≫、ヘンデル≪メサイア≫(モーツァルト版)、ブラームス≪ドイツレクイエム≫(ピアノ連弾版)、鈴木優人≪深き淵より≫(東京ムジーククライス委嘱初演)、など

categories

archives

recent posts