団員募集

 さあ、大いなる調べを歌おう! -MAJORA CANAMUS-


■マヨラ・カナームス東京では、音楽の仲閒を募集しています。古楽の最前線で活躍する音楽家たちによる、贅沢な直接レッスン。そして、国内外からトッププレイヤーが集結するオリジナル楽器使用のプロオーケストラと共に、有数の殿堂的音楽ホールの晴れ舞台に立つという、音楽好きには最上級に恵まれた環境です。レパートリーの柱に据えたG.F.ヘンデルの傑作オラトリオ≪メサイア≫など、素晴らしき合唱付きクラシック作品の数々を、音楽を心から愛する仲間達と共に奏でましょう。

 

合唱団・ソリストと古楽器オーケストラ

.


<1>
週のまんなか水曜日、気のおけない愉快な仲間たちと大好きな音楽にどっぷり浸って、心と身体をリフレッシュ。お仕事帰りの時間を使って効率よく集中して練習に励み、仕事・結婚・子育てと、日々移り変わる20代・30代若手社会人のライフスタイルにマッチした、”働くオトナ”にやさしい本格派合唱団です。

.

<2> 日本が世界に誇る古楽団体、バッハ・コレギウム・ジャパン等で活躍する渡辺祐介氏が、音楽監督として、楽しくも真摯な稽古を通じ楽団を先導します。ヘンデル≪メサイア≫の演奏を楽団のライフワークとして、3年周期で定期的に演奏会で取り上げ、様々な角度から長期的に演奏を磨きます。また、人気・実力共にトップクラスのソリスト陣、国内外から集結するバロック・クラシカル演奏に熟達したプロオーケストラ(オリジナル楽器使用)と共に、演奏活動を行ってまいります。

.

<3>定期演奏会は、国内有数の音響と評される紀尾井ホール、第一生命ホールなど、ハードとソフトが整った東京都心の殿堂的な一流ホールにて開催します。また舞台上の演奏者の満足に留まることなく、客席のお客様と共に音楽に心震わせ、『東京でメサイアを聴くならココ!』と耳の肥えた音楽ファンの皆さまに言っていただけるような、妥協のない誠実なサウンドを、音楽団体全体で追及し活動してまいります。

.

 

ソプラノ・アルトのメンバー(合唱団員募集中)

 

■練習概要

指導:渡辺祐介先生(音楽監督)、圓谷俊貴先生(コレペティトゥア)
練習会場:千代田区(秋葉原・神田)など、東京都心の公共施設

 

■練習日:水曜日 19:30-21:45 (年間約35回)

◎交通至便な東京都心、遅めの時間で、お仕事帰りからもたっぷり歌えます!

◎仕事、家庭と忙しい若者のライフスタイルに配慮し、効率を重視したスケジュールを組んでいます。⇒通常時は、月2-3回の練習でゆったり着実に楽曲を習熟します。そして 演奏会4ヶ月前頃から徐々に練習の頻度を上げ、毎週の練習でしっかり仕上げてまいります。

※演奏活動の都合でやむを得ない場合をのぞき、渡辺祐介先生がほぼすべての練習で、発声から楽曲解析までじっくり丁寧に直接指導されます。

 

■参加費

入団費4,000円、月会費4,000円(見学月の翌月から)

※若者応援!、24歳以下の学生さんは、月会費が半額の2,000円です。
※その他費用は、演奏会費、合宿費、楽譜代など

 

■合唱団員募集 要件

<ソプラノ、アルト >30歳未満  <バス >40歳未満

※テノールの募集は現在致しておりません。

◎合唱をはじめ声楽、器楽など、何らかの音楽経験のある方(各自で音取りができる方)を、対象とさせていただきます。入団オーディションはございません。

◎恐れながら、合唱団としての展望・バランスなどを鑑みて、現在は、若手の皆さんを新入団の対象とさせていただいております。

◎パートごとに定員枠がございます。枠に空きがなくなり次第募集は終了致します。

 

東京・豊洲シビックセンターで練習する合唱団(団員募集中)

 

■今後の演奏予定

◎2018年2月25日(日) 紀尾井ホール

W.A.モーツァルト:
≪証聖者の荘厳晩課≫ Vesperae solennes de confessore K.339
≪レクイエム≫ Requiem K.626 (ランドン版)

 

■練習見学日

10月18日(水)、10月25日(水)

 

■見学、入団のお問い合せ

FAQ(よくある質問集) も併せて参考にご覧いただき、

▼こちらのお問い合わせフォームより、お気軽にお申込みください。
(遅くとも2,3日以内に、折り返しご案内のメールを差し上げます)

 

※現在は、ソプラノ、アルト、バスの団員募集を致しております。
(各パート、若干名)

 

合唱団とオーケストラの記念写真(東京・勝どき)

 

categories

archives

recent posts