プロフィール

And without Controversy, great is the Mystery of Godliness: God was manifested in the Flesh, justified by the Spirit, seen of angels, preached among the Gentiles, believed on in the World, received up into Glory. In whom are hid all the Treasures of Wisdom and Knowledge.

東京で団員募集する合唱団のイメージ

 

欧州のみならず日本でも、クリスマスの季節の風物詩としてすっかり定着した、G.F.ヘンデル作曲の偉大なるオラトリオ≪メサイア≫。楽曲そのものを知らずとも、最大の聴き所でもある「ハレルヤ・コーラス」は、誰しも耳にした記憶があるのではないでしょうか。

その初演は1742年4月13日、アイルランドは首都ダブリンのコンサートホールにて、600名を超す満員の聴衆を前に行われました。会場の入口では、ヘンデルと共作した台本作家C.ジェネンズの手がけるパンフレットが配布されましたが、その表紙を飾った言葉が「MAJORA CANAMUS(さあ、大いなる調べを歌おう)」。ローマの詩人・ウェルギリウスの詩集『牧歌』第四編の冒頭に記述されているラテン語の名文句”paulo majora canamus”を象徴的に引用し、さらに続けて始まる序文 (※上記英文)には、ジェネンズとヘンデルが楽曲制作に取り組むにあたっての決意が込められていると謂われています。初演からヘンデル晩年に至るまで、≪メサイア≫公演のパンフレットにはこの序文がほぼ体裁を変えずに掲載され続けたとの伝えからも、彼らの思い入れの程を如実に感じ取る事が出来るでしょう。

そして時を越え海を越えて、2012年 東京。ここにまた一つ、≪メサイア≫を旗印に、珠玉のバロック音楽の演奏を目的とする合唱団、楽団が誕生します。音楽監督には、ひたむきな楽曲研究に裏打ちされた豊潤な表現力と、熱情ほとばしる先導力を併せ持ち、声楽家として、また指揮者として幅広い支持を集める渡辺祐介氏が就任。”音楽の喜び”を聴衆と共に分かち合いたいと、心から願う演奏者達が集います。

作者が楽曲に託した≪メサイア≫本来の美しさと雄弁さを探求する意思と、日本全国に数多の合唱団と≪メサイア≫演奏が溢れる中、なお新たに立ち上がる仲間の志と決意を碑として、楽団の名を、majora canamus tokyo = マヨラ・カナームス東京 とします。

 

■マヨラ・カナームス東京 / majora canamus tokyo  

マヨラ・カナームス東京(東京の合唱団)

ラテン語で「さあ、大いなる調べを歌おう」との名を冠し、2012年9月、東京を本拠地に設立された合唱団および音楽団体。音楽監督には、ひたむきな楽曲研究に裏打ちされた豊潤な表現力と、熱情ほとばしる先導力を併せ持ち、声楽家としてまた指揮者として幅広い支持を集める渡辺祐介氏を招聘。国内外からトッププレイヤーが集結した、併設のプロオーケストラ(オリジナル楽器使用)と共に演奏活動を行う。

2014年1には、結成記念演奏会と題し、東京・渋谷にてG.F.ヘンデル≪メサイア≫(ダブリン初演版)を披露。会場を埋め尽くす満員の聴衆にも恵まれ、鮮烈なデビューを飾った。以後、A.ヴィヴァルディ≪グローリア≫、A.カルダーラ≪悲しみのミサ曲≫、W.A.モーツァルト≪パストラル・ミサ≫、J.ハイドン≪スターバト・マーテル≫など、バロック・古典派の珠玉の宗教曲を次々と演奏。2018年2月には、室内楽の殿堂・紀尾井ホールに於いて、モーツァルト未完の遺作≪レクイエム≫を初めて取り上げる。

団体名の由来ともなるヘンデル≪メサイア≫は、様々なヴァージョンで3年に1度定期的に演奏し、世界中で脈々と歌い繋がれる大いなる作品のその神髄に迫る事を最大の目標に活動する。

 

■音楽監督: 渡辺 祐介 / Music Director: WATANABE, Yusuke

渡辺祐介(声楽家、バス、合唱指揮者、バッハ・コレギウム・ジャパン)

東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。在学中は声楽を多田羅迪夫氏に師事。在学中より東京藝術大学バッハカンタータクラブに在籍、小林道夫氏の指導と指揮の元、J.S.バッハの受難曲並びに教会カンタータのバス・ソロを数多く務める。特にヨハネ、マタイの両受難曲ではイエス役を務め、その劇的表現が好評を博した。また2005年3月を以て同クラブの指導から勇退した小林道夫氏に代わり、同年4月から2008年3月まで、後進の指導にあたった。

一方、ペーター・コーイ、ゲルト・テュルク、ロビン・ブレイズ氏ら、古楽における世界的声楽家にも師事している。その後2008年より2010年までオランダのデン・ハーグ王立音楽院に留学、ペーター・コーイ、マイケル・チャンス、ジル・フェルドマン、リタ・ダムスの諸氏のもとで研鑽を積んだ。その間、オランダを代表する名メッゾ・ソプラノのマリオン・ファン・デン・アッカー女史や、リリック・テノールのマルセル・ライアンス氏ら名歌手にも指導を受けた。

ソリストとしては主に宗教曲の分野で活躍し、J.S.バッハの教会カンタータ及び受難曲、ヘンデル《メサイア》、モーツァルトの《戴冠ミサ》《レクイエム》等のバス・ソロを務めた。2002年4月からは、鈴木雅明氏の主宰するバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとなり、声楽アンサンブルメンバー及びソリストとして、国内外のツアー、レコーディングに数多く参加している。特に2007年11月に行われたヘンデルのオラトリオ《エジプトのイスラエル人》の公演ではバス・ソロを務め、その伸びやかな歌声が好評を博した。

また17世紀イギリスの作曲家、ジョン・ダウランドのリュート歌曲に深く傾倒し、その理想的演奏を目指して、カウンターテノールの上杉清仁氏、リュート奏者の佐藤亜紀子氏等と共に「Seven Tears Consort」を結成・主宰し、東京及び山形にて数度の演奏会を開き、好評を博している。2006年にはテノールの水越啓氏らと「ロゴス・アポカルプスィス」を結成、同年11月にJ.S.バッハ《ヨハネ受難曲》、2007年12月にブクステフーデの連作カンタータ《我らがイエスの四肢》、2009年にシュテルツェル《ブロッケス受難曲》(日本初演)を指揮なしで上演し、いずれも成功を収めている。

2009年9月にオランダのエンスヘーデで行われたサッカー日本代表とオランダ代表の親善試合では、特に指名されて国家《君が代》を独唱した。

現在、マヨラ・カナームス東京 音楽監督。東京ムジーククライス 常任指揮者。古楽アンサンブル「ロゴス・アポカルプシス」主宰、バッハ・コレギウム・ジャパン、Gamut Bach Ensemble、Coro Libero Classico各メンバー。2014年4月から2017年1月まで東北学院大学非常勤講師を務めた。

 

categories

archives

recent posts