次回公演:「エステルハージ家と大作曲家」

 

 

■次回、マヨラ・カナームス東京 第6回定期演奏会は、2019年2月17日(日)第一生命ホールに於いて、「エステルハージ家と大作曲家」と題し、古典派の大作曲家J.ハイドンが宮廷楽長として長年仕えたことで知られるハンガリーの大貴族・ニコラウス・エステルハージを結節点に、ハイドンの名曲≪よき四季斎日のミサ≫、そして同じくニコラウスの依頼によってベートーヴェンが作曲した≪ミサ曲 ハ長調≫を演奏致します。

■マヨラ・カナームス東京、これまでの演奏活動で最大規模のオーケストラ(オリジナル楽器使用)。また、音楽監督が深く思いを寄せるベートーヴェンを満を持して初めて取り上げる、記念碑的な公演となります。平成最後を飾るスペクタクルに、どうぞご期待ください。

majora canamus tokyo

 

▼次回公演

◎マヨラ・カナームス東京 第6回定期演奏会
「エステルハージ家と大作曲家」

・2019年2月17日(日)14:00開演予定 第一生命ホール

【演目】
J.ハイドン:
≪よき四季斎日のミサ (別名:戦時のミサ/パウケン・ミサ) ハ長調≫ Hob.ⅩⅩⅡ:9

L.V.ベートーヴェン:
≪ミサ曲 ハ長調≫ 作品86

 

◎マヨラ・カナームス東京
プロフィール
演奏会履歴
合唱団員募集

御礼 -マヨラ・カナームス東京 第4回定期≪メサイア≫-

東京の第一生命ホールにてメサイアを合唱

 

■マヨラ・カナームス東京 第4回定期≪メサイア≫公演へ、ホールを埋め尽くすほど多くのお客様に足をお運びいただき、また大変あたたかい拍手を賜り、誠にありがとうございました。出演者、スタッフ一同、厚く厚く御礼を申し上げます。

■節目となる第5回定期は、来年2月紀尾井ホールにて、W.A.モーツァルト≪レクイエム≫をメインに据えたプログラムを演奏致します。またヘンデル≪メサイア≫は、2020年にまた新たなヴァージョンにて再々演致します。

 

■今後とも、マヨラ・カナームス東京の活動にご支援ご注目いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

majora canamus tokyo

■次回公演

◎マヨラ・カナームス東京 第5回定期演奏会
・2018年2月25日(日) 紀尾井ホール

【演目】 W.A.モーツァルト:
≪証聖者の荘厳晩課≫ Vesperae solennes de confessore K.339
≪レクイエム≫ Requiem K.626 (ランドン版)

categories

archives

recent posts