御礼 -マヨラ・カナームス東京 第4回定期≪メサイア≫-

東京の第一生命ホールにてメサイアを合唱

 

■マヨラ・カナームス東京 第4回定期≪メサイア≫公演へ、ホールを埋め尽くすほど多くのお客様に足をお運びいただき、また大変あたたかい拍手を賜り、誠にありがとうございました。出演者、スタッフ一同、厚く厚く御礼を申し上げます。

■節目となる第5回定期は、来年2月紀尾井ホールにて、W.A.モーツァルト≪レクイエム≫をメインに据えたプログラムを演奏致します。またヘンデル≪メサイア≫は、2020年にまた新たなヴァージョンにて再々演致します。

 

■今後とも、マヨラ・カナームス東京の活動にご支援ご注目いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

majora canamus tokyo

■次回公演

◎マヨラ・カナームス東京 第5回定期演奏会
・2018年2月25日(日) 紀尾井ホール

【演目】 W.A.モーツァルト:
≪証聖者の荘厳晩課≫ Vesperae solennes de confessore K.339
≪レクイエム≫ Requiem K.626 (ランドン版)

マヨラ・カナームス東京 第4回定期演奏会

◎公演は、大変多くのお客様に恵まれ終演致しました。ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました。

 

■バッハ・コレギウム・ジャパンはじめ、国内外の幅広いフィールドで活躍する声楽家・渡辺祐介氏を音楽監督に迎え、2012年に結成された合唱団「マヨラ・カナームス東京」。次回定期演奏会はいよいよ、室内楽・合唱音楽のメッカとしてお馴染みの第一生命ホールへと会場を移し、団体名の由来でもある中心的レパートリー、ヘンデル≪メサイア≫を、ロンドン初演版にて初めて再演致します。

 

メサイア 合唱団 東京 都内 団員募集 mc4th_ura250

 

マヨラ・カナームス東京 第4回定期演奏会
G.F.ヘンデル ≪メサイア≫ (ロンドン初演版)

■2017年2月18日(土) 17:30開場 18:00開演

 

第一生命ホール 767席 (1F-574、2F-193)

-  東京都中央区晴海1-8-9 晴海トリトンスクエア内
-  大江戸線「勝どき駅」  A2a出口より徒歩4分
-  有楽町線「月島駅」  10番出口より徒歩9分 ⇒アクセスガイド

 

【演目】

■G.F.ヘンデル Georg Friedrich Handel (1685-1759)

-  ≪メサイア≫ ロンドン初演版  Messiah HWV.56

 

※本公演では、オーケストラはオリジナル楽器を使用し、バロックピッチ(A=415Hz)にて演奏致します。

 

【出演】

渡辺祐介(指揮/音楽監督)
澤江衣里(ソプラノ)、平山莉奈(アルト)、渡辺大(テノール)、加耒徹(バス)
マヨラ・カナームス東京(合唱/管弦楽) ⇒出演者プロフィール

 

※演奏内容および出演者は、やむを得ない事情により変更になる場合が稀にございます。予めご承知おきください。

東京 合唱団

 

「ある神聖なオラトリオ -A Sacred Oratorio-」

 

◎マヨラ・カナームス東京のメインレパートリー《メサイア》。第1回定期演奏会「1742年・ダブリン初演版」に続く待望の再演は、「1743年・ロンドン初演版」を演奏致します。

◎前年ダブリンで行われた初演は好評を博しましたが、ヘンデルはロンドンでの上演にはとても慎重でした。広告には《ある神聖なオラトリオ A Sacred Oratorio》とだけ謳い、《メサイア》というタイトルを用いませんでした。これほどまでの名曲が、ひそやかにロンドンへ凱旋したのは何故か。ぜひ第一生命ホールへ足をお運びいただき、18世紀ロンドンの情景へ思いを巡らせその謎をお確かめください

 

メサイア 団員募集

 

■全席自由 2,000円 (完売、予定枚数終了)

・チケットお取り扱い: チケットぴあ、イープラス

 

■チケットぴあ

◎インターネットで購入
チケットぴあ

◎電話で購入: tel: 0570-02-9999
※自動音声受付 (24時間) Pコード:296-944

◎店頭で購入: チケットぴあのお店、サークルKサンクス、セブンイレブン

 

■イープラス
※コンビニで受取&支払いをすると、手数料ゼロでお得!

◎インターネットで購入
マヨラ・カナームス東京 第4回定期演奏会

◎店頭で購入: ファミリーマート店内 Famiポートにて直接販売
※画面をタッチしてイープラスを開き、「チケットを探して買う」から『マヨラ』と検索してください。

 

メサイア チケット

 

マヨラ・カナームス東京 第3回定期演奏会

◎公演は、大変多くのお客様に恵まれ終演致しました。ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました。


■バッハ・コレギウム・ジャパンはじめ、国内外の幅広いフィールドで活躍する声楽家・渡辺祐介氏を音楽監督に迎え、2012年に結成された合唱団「マヨラ・カナームス東京」。第3弾となる演奏会は、「2人の天才が描く聖母マリア」と題し、古典派の二大巨匠ハイドンとモーツァルト珠玉の音楽をお届けします。

 

2015mct_omote250 2015mct_ura250

 

マヨラ・カナームス東京 第3回定期演奏会
「2人の天才が描く聖母マリア -ハイドンとモーツァルト-」

■2016年1月24日(日) 13:30開場 14:00開演

 

■渋谷区文化総合センター大和田・ さくらホール

・シューボックス・2層バルコニー形式/ 735席

・東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷駅より徒歩5分

 

【演目】

W.A.モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

-  ≪御神の御母なる聖マリア≫ Sancta Maria Mater Dei K.273

-  ≪処女聖母マリアのための連祷≫ Litaniae Lauretanae BMV K.109(74e)

-  ≪ミサ・ブレヴィス(パストラル・ミサ)≫ Missa Brevis K.140(Anh.235d)

休憩15min.

J.ハイドン Joseph Haydn (1732-1809)

-  ≪スターバト・マーテル(悲しみの聖母)≫ Stabat Mater Hob.XXbis

 

※本公演では、オーケストラはオリジナル楽器を使用し、クラシカルピッチ(A=430Hz)にて演奏致します。

 

【出演】

渡辺祐介(指揮/音楽監督)
澤江衣里(ソプラノ)、平山莉奈(アルト)、渡辺大(テノール)、加耒徹(バス)
マヨラ・カナームス東京(合唱/管弦楽)  ※出演者プロフィール

 

※演奏曲目、並びに出演者は、やむを得ない事情により変更になる場合がございます。予めご承知おきください。

 

majora_profi01

 

「マリアのための音楽に駄作なし」

このように語られるのは、まるで何か大きな力に導かれるかのように、数多の作曲家から次々と傑作が生み出されたからに他なりませんが、古典派音楽を代表する作曲家、ハイドンとモーツァルトもまたその例に漏れません。

そこで、「聖母マリア」をテーマにお届けする『マヨラ・カナームス東京 第3回定期演奏会』では、まず前半に燦然と音が紡がれたモーツァルトの珠玉の小品群を、休憩を挟んでの後半には、全14曲、ハイドンが自身の病からの快復を感謝し捧げた渾身の大作、≪スターバト・マーテル≫(悲しみの聖母)を演奏致します。

古典派の同時期に生きた2人の天才によって描かれた「聖母マリア」は、いかなる姿だったでしょうか。啓蒙思想が育まれ、市民階級にまで音楽が浸透し始めた彼らの時代に思いを巡らせ、どうぞごゆっくりご鑑賞ください。

 

sakura_hall

 

■全席自由 2,000円

・チケットお取り扱い: チケットぴあ、イープラス、カンフェティ

 

■チケットぴあ

◎インターネットで購入
チケットぴあ

 

◎電話で購入: tel: 0570-02-9999
※自動音声受付 (24時間) Pコード:265-978

 

◎店頭で購入: チケットぴあのお店、サークルKサンクス、セブンイレブン

 

■イープラス
※コンビニで受取&支払いをすると、手数料ゼロでお得!

◎インターネットで購入
マヨラ・カナームス東京 第1回定期演奏会

 

◎店頭で購入: ファミリーマート店内 Famiポートにて直接販売
※画面をタッチしてイープラスを開き、「チケットを探して買う」から『マヨラ』と検索してください。

howto_famiportWEB

 

■カンフェティ

◎インターネットで購入
カンフェティ

 

◎電話で購入: tel: 0120-240-540
※オペレーター対応 (受付時間:平日10:00-18:00)

 

◎ワクチン募金
カンフェティでは、チケット1枚購入ごとに、途上国の子どもたちに「BCGワクチン1人分」を寄付しています。

 

演奏会: 東京ムジーククライス 第8回定期演奏会

■当団音楽監督・渡辺祐介氏が指揮する、『東京ムジーククライス 第8回定期演奏会』が、室内楽の殿堂・紀尾井ホールにて開催されます。ヘンデル≪Dixit Dominus》をメインプログラムに、合唱ファンにお馴染みのイタリア人作曲家の数々の合唱曲。さらには、2010年に東京ムジーククライスで委嘱初演され話題を呼んだ、鈴木優人氏作曲《深き淵より》が再演を果たします。皆様お誘い合わせの上、どうぞ足をお運びください。

.

東京ムジーククライス 第8回定期演奏会

2014年9月7日(日) 13:30開場 14:00開演
紀尾井ホール 全席自由2,000円

.

【出演者】

<指揮>渡辺祐介

<ソプラノ>松井亜希、澤江衣里、<アルト>上杉清仁、平山莉奈
<テノール>鏡貴之、<バス>加藤宏隆、 <合唱、管弦楽>東京ムジーククライス

.

【演奏曲目】

G.F.ヘンデル/≪Dixit Dominus≫HWV232、 鈴木優人≪深き淵より≫ ほか

 

◎チケットのご購入、詳細は、東京ムジーククライス サイトにてご確認ください。

 

マヨラ・カナームス東京 第2回定期演奏会

◎公演は、大変多くのお客様に恵まれ終演致しました。ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました。

 

【ご来場に際して】

・全席自由席です。チケット券面の整理番号に関わらず、ご来場順にお席をお選びいただけます。

・楽曲の演奏効果の都合上、開演致しますとしばらくご入場いただけません。予めご承知おきの上、開演時間に余裕を持ってのご来場に、ご協力をお願い申し上げます。

 

・クラシックのコンサートでは、少しの物音でも他のお客様の鑑賞の妨げになる場合がございますので、未就学(小学校入学前)のお子様はご入場いただけません。またお子様の同伴(ロビーでの待機)につきましても、ご遠慮いただいております。

 

・著作権、肖像権保護の為、ホール内での写真・ビデオ撮影(携帯・スマホ含む)、並びに録音は、固くお断り致します。また携帯電話はロビーでのみご使用いただき、ホール内では電源をお切りいただきますようお願い致します。係員の指示に従っていただけない場合、演奏途中でも退出いただく事がございますので、ご注意ください。

 

・ホール内への花束の持ち込みは、他のお客様のご迷惑になる場合がございますので、ご遠慮いただいております。お手数をおかけ致しますが、ホール受付にてお預けください。

 

・終演時刻は21時00分頃を予定致しております。(途中20分間の休憩がございます)

 

【チケット当日券のご案内】 
・18時よりホール受付にて、若干枚数を販売致します。

・予約で安心、お手軽に確保ができる当日券予約を始めました。(限定枚数)
当日券予約受付サイトよりお申し込みください。

 


ヘンデル≪メサイア≫の調べと共に産声を上げた音楽団体「マヨラ・カナームス東京」。第2弾となる演奏会では、A.ヴィヴァルディの代表的な宗教曲≪グローリア≫、A.カルダーラ≪悲しみのミサ曲≫など、華麗なるイタリアバロックの世界へとご案内いたします。

 

WEBflyer_w500

 

マヨラ・カナームス東京 第2回定期演奏会
「イタリアの同時期を生きた2人のアントニオ」

■2015年1月24日(土) 18:30開場 19:00開演

 

■渋谷区文化総合センター大和田・ さくらホール

・2010年オープン、シューボックス・2層バルコニー形式/ 735席

・東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷駅より徒歩5分

 

【演目】

アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi (1678-1741)

-  ≪クレド ホ短調 RV 591≫ Credo in E Minor RV 591

-  ≪深紅色で描かれた女 RV 642≫ Ostro picta, armata spina  RV 642

-  ≪グローリア ニ長調 RV 589≫ Gloria in D Major RV 589

休憩15min.

アントニオ・カルダーラ Antonio Caldara (ca.1670-1736)

-  ≪悲しみのミサ曲≫ Missa dolorosa

 

【出演】

渡辺祐介(指揮/音楽監督)
澤江衣里(ソプラノ)、渡邉智美(アルト)、渡辺大(テノール)、加耒徹(バス)
マヨラ・カナームス東京(合唱/管弦楽)  ※出演者プロフィール
◎本公演に出演を予定しておりました佐藤亜紀子さん(テオルボ)は、演奏上支障をきたす怪我の為、大事を取って降板せざるを得なくなりました。テオルボの代奏はございません。また演奏曲目には変更ございません。お客様にはご心配とご迷惑をおかけ致しますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

※演奏曲目、並びに出演者は、やむを得ない事情により変更になる場合がございます。予めご承知おきください。

 

 

◎音楽団体の立ち上げ第2弾となる本演奏会では、バロックの最先端、イタリア・ヴェネツィアが生んだ「2人のアントニオ」 ヴィヴァルディとカルダーラに光を当て、バロックの陽と陰の様式美に迫ります。演奏会前半では、ヴィヴァルディの遺した代表的な宗教曲≪グローリア ニ長調≫を中心に、華麗なソプラノアリアなども交え、ヴィヴァルディらしい伸びやかで快活な旋律をたっぷりお愉しみいただきます。また後半には、カルダーラの知られざる名曲≪悲しみのミサ曲≫を意欲的に取り上げます。伝統的なラテン語のミサ典礼文に拠り、また全体に底知れぬ哀しみを帯びながらも、充実した和声と起伏に富んだ曲想を併せ持つ、歴史的な価値を感じずにはいられない珠玉の作品です。共に同時代を生き抜いた2人の作曲家の、豊かな色彩美とその陰翳の奥深さに思いをはせてどうぞご鑑賞下さい。

 

sakura_hall

 

■一般・全席自由 2,000円

・チケットお取り扱い: イープラス、カンフェティ

 

■U-25チケット 1,000円 【完売御礼】 ※25歳以下対象・入場時に要身分証明書

・チケットお取り扱い: カンフェティ (限定数、イープラスでの取扱なし)

 

 

■e+(イープラス)
※コンビニで受取&支払いをすると、手数料ゼロでお得!

マヨラ・カナームス東京 第1回定期演奏会

◎ファミリーマート店内 Famiポートにて直接販売

[ヒント] 画面をタッチしてイープラスを開き、
「チケットを探して買う」から『マヨラ』と検索してください。

◎または、web予約後、ファミリーマート、セブンイレブン、配送などでお受取

howto_famiportWEB

 

■Confetti (カンフェティ)

カンフェティ

 

◎webまたはお電話でご予約後、セブンイレブンにて、受取&お支払い

・カンフェティチケットセンター tel: 0120-240-540
※オペレーター対応 (受付時間:平日10:00-18:00)

 

categories

archives

recent posts