演奏会: 東京ムジーククライス 第8回定期演奏会

■当団音楽監督・渡辺祐介氏が指揮する、『東京ムジーククライス 第8回定期演奏会』が、室内楽の殿堂・紀尾井ホールにて開催されます。ヘンデル≪Dixit Dominus》をメインプログラムに、合唱ファンにお馴染みのイタリア人作曲家の数々の合唱曲。さらには、2010年に東京ムジーククライスで委嘱初演され話題を呼んだ、鈴木優人氏作曲《深き淵より》が再演を果たします。皆様お誘い合わせの上、どうぞ足をお運びください。

.

東京ムジーククライス 第8回定期演奏会

2014年9月7日(日) 13:30開場 14:00開演
紀尾井ホール 全席自由2,000円

.

【出演者】

<指揮>渡辺祐介

<ソプラノ>松井亜希、澤江衣里、<アルト>上杉清仁、平山莉奈
<テノール>鏡貴之、<バス>加藤宏隆、 <合唱、管弦楽>東京ムジーククライス

.

【演奏曲目】

G.F.ヘンデル/≪Dixit Dominus≫HWV232、 鈴木優人≪深き淵より≫ ほか

 

◎チケットのご購入、詳細は、東京ムジーククライス サイトにてご確認ください。

 

演奏会: 東京ムジーククライス 第7回定期演奏会

当団音楽監督・渡辺祐介氏が指揮する、『東京ムジーククライス 第7回定期演奏会』が、震災よりこの春に再オープンを果たしたミューザ川崎・シンフォニーホールにて開催されます。クラシック音楽の最高峰「マタイ受難曲」と並び称され、偉大なる音楽の父J.S.バッハの音楽を、より濃密に、よりドラマティックに今に伝える名曲「ヨハネ受難曲」。バッハの最晩年、1749年4月4日の演奏の為に手を入れられた第4稿は、主に第1稿と一部自筆の総譜に基づいており、また通奏低音にチェンバロを導入しているのが特徴的です。バッハ演奏を活動の軸として立ち上がった東京ムジーククライスが、7回目の定演にして満を持して演奏するヨハネ。大曲に挑む若者たちとバッハの魂の共鳴に、どうぞご期待、お楽しみください。

 

.

東京ムジーククライス 第7回定期演奏会

2013年9月28日(土) 18:00開場 18:30開演
ミューザ川崎 シンフォニーホール   全席自由2,000円

.

【出演者】

<指揮>渡辺祐介

<福音史家>藤井雄介、<イエス>三浦英治、<ピラト、バス>加藤宏隆
<ソプラノ>松井亜希、<アルト>上杉清仁、<テノール>谷口洋介

<合唱、管弦楽>東京ムジーククライス

.

【演奏曲目】  J.S.バッハ/ ヨハネ受難曲   (第4稿/1749年)

.

◎チケットのご購入、また詳細は、東京ムジーククライス サイトにてご確認ください。

 

 

 

演奏会: 東京ムジーククライス 第6回定期演奏会

 

当団音楽監督・渡辺祐介氏が指揮する、東京ムジーククライス第6回定期演奏会が開催されます。国内では実演奏を聴ける機会が貴重な、R.シューマンの美しき傑作「ばらの巡礼」をメインプログラムに、同時代に生きたF.メンデルスゾーンによる、「2つの男声宗教合唱曲op.115」、合唱を愛する者に根強い人気のアカペラ8声の合唱曲「3つの詩編歌op.78」を交えた、ロマン派プログラムです。ぜひご来場ください。

.

東京ムジーククライス 第6回定期演奏会

2012年8月26日(日) 13:30開場 14:00開演
紀尾井ホール  全席自由2,000円

<指揮>渡辺祐介
<ピアノ>羽賀美歩、 <合唱>東京ムジーククライス

声楽ソリスト:
<ソプラノ>松井亜希、谷垣千沙、 <アルト>布施奈緒子、梁取里
<テノール>藤井雄介、鏡貴之、 <バス>加藤宏隆、新見準平

演奏曲目:
F.メンデルスゾーン/ 2つの男声宗教合唱曲op.115、 3つの詩編歌op.78
R.シューマン/ オラトリオ《ばらの巡礼》op112

◎詳細は、東京ムジーククライス サイトにてご確認ください。

 

categories

archives

recent posts