演奏会: 東京ムジーククライス 第7回定期演奏会

当団音楽監督・渡辺祐介氏が指揮する、『東京ムジーククライス 第7回定期演奏会』が、震災よりこの春に再オープンを果たしたミューザ川崎・シンフォニーホールにて開催されます。クラシック音楽の最高峰「マタイ受難曲」と並び称され、偉大なる音楽の父J.S.バッハの音楽を、より濃密に、よりドラマティックに今に伝える名曲「ヨハネ受難曲」。バッハの最晩年、1749年4月4日の演奏の為に手を入れられた第4稿は、主に第1稿と一部自筆の総譜に基づいており、また通奏低音にチェンバロを導入しているのが特徴的です。バッハ演奏を活動の軸として立ち上がった東京ムジーククライスが、7回目の定演にして満を持して演奏するヨハネ。大曲に挑む若者たちとバッハの魂の共鳴に、どうぞご期待、お楽しみください。

 

.

東京ムジーククライス 第7回定期演奏会

2013年9月28日(土) 18:00開場 18:30開演
ミューザ川崎 シンフォニーホール   全席自由2,000円

.

【出演者】

<指揮>渡辺祐介

<福音史家>藤井雄介、<イエス>三浦英治、<ピラト、バス>加藤宏隆
<ソプラノ>松井亜希、<アルト>上杉清仁、<テノール>谷口洋介

<合唱、管弦楽>東京ムジーククライス

.

【演奏曲目】  J.S.バッハ/ ヨハネ受難曲   (第4稿/1749年)

.

◎チケットのご購入、また詳細は、東京ムジーククライス サイトにてご確認ください。

 

 

 


categories

archives

recent posts