A.ヴィヴァルディ 「クレド ホ短調」

【楽曲紹介】A.ヴィヴァルディ ≪クレド ホ短調 RV 591≫

■コンサートの幕開けを飾るは、合唱、弦楽および通奏低音による約10分ほどの小品です。小品ながらも、ミサ典礼文「クレド(信仰宣言)」のテキストを4つのパートに分け、中間部(第2曲、第3曲)の美しくも痛切な響きを、壮麗な冒頭第1曲、そして再び主題があらわれた第4曲が包み込む、劇的な構成が印象的です。

■この曲の成立過程はわかっていませんが、おそらくは ≪グローリア ニ長調 RV 589≫と同時期のものと推測され、随所にその共通する伸びやかで力強い旋律を耳にすることができるでしょう。


categories

archives

recent posts