第4回定期「メサイア」(ロンドン初演版)

◎公演は、大変多くのお客様に恵まれ終演致しました。ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございました。

■バッハ・コレギウム・ジャパンはじめ、国内外の幅広いフィールドで活躍する声楽家・渡辺祐介氏を音楽監督に迎え、2012年に結成された合唱団「マヨラ・カナームス東京」。次回定期演奏会はいよいよ、室内楽・合唱音楽のメッカとしてお馴染みの第一生命ホールへと会場を移し、団体名の由来でもある中心的レパートリー、ヘンデル≪メサイア≫を、ロンドン初演版にて初めて再演致します。

 

メサイア・チラシ メサイア・チラシ(プロフィール)

 

マヨラ・カナームス東京 第4回定期演奏会
G.F.ヘンデル ≪メサイア≫ (ロンドン初演版)

■2017年2月18日(土) 17:30開場 18:00開演

 

第一生命ホール 767席 (1F-574、2F-193)

・東京都中央区晴海1-8-9 晴海トリトンスクエア内
・大江戸線「勝どき駅」 A2a出口より徒歩4分
・有楽町線「月島駅」 10番出口より徒歩9分 ◎アクセスガイド

 

【演目】

■G.F.ヘンデル Georg Friedrich Handel (1685-1759)

-  ≪メサイア≫ ロンドン初演版  Messiah HWV.56

※本公演では、オーケストラはオリジナル楽器を使用し、バロックピッチ(A=415Hz)にて演奏致します。

 

【出演】

渡辺祐介(指揮/音楽監督)
澤江衣里(ソプラノ)、平山莉奈(アルト)、渡辺大(テノール)、加耒徹(バス)
マヨラ・カナームス東京(合唱/管弦楽) ※出演者プロフィール

 

合唱団とオーケストラ、指揮者

 

 

「ある神聖なオラトリオ -A Sacred Oratorio-」

 

◎マヨラ・カナームス東京のメインレパートリー《メサイア》。第1回定期演奏会「1742年・ダブリン初演版」に続く待望の再演は、「1743年・ロンドン初演版」を演奏致します。

◎前年ダブリンで行われた初演は好評を博しましたが、ヘンデルはロンドンでの上演にはとても慎重でした。広告には《ある神聖なオラトリオ A Sacred Oratorio》とだけ謳い、《メサイア》というタイトルを用いませんでした。これほどまでの名曲が、ひそやかにロンドンへ凱旋したのは何故か。ぜひ第一生命ホールへ足をお運びいただき、18世紀ロンドンの情景へ思いを巡らせその謎をお確かめください

 

 

categories

archives

recent posts